わきがの消臭治療について

わきがとは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗と皮脂腺から出る皮脂とが混じり合い、それを雑菌が分解することで独特なニオイを発生させる体質のことをいいます。

 

わきがの治療方法はさまざまなものがあり、確実に消臭するためには手術をすることによって消臭することが可能です。

 

とくに重度の人におすすめの手術で、ワキの下を切開して裏返し、アポクリン腺を目視しながらひとつずつ取り除いていく剪除法。ワキの下に小さな穴を開けてそこから細い管を通し、アポクリン腺や皮脂腺などをかき出しながら吸い取る皮下組織吸引法。ワキの下から管を入れてそこから超音波を発生させてその熱でアポクリン腺を破壊しながら吸引していく超音波吸引法。カミソリの刃と皮膚を抑えるローラーを組み合わせた専用器具を使ってカミソリの部分で皮下組織ごと家ズてアポクリン腺などを除去する皮下組織削除法など、様々な方法があります。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるためそれをきちんと理解してから施術することをおすすめします。わきがにも度合いがあり、軽度や中度の場合であれば手術をしなくても十分にニオイは抑えることができます。

 

制汗剤である塩化アルミニウム液をニオイの気になる部分に塗ったり、汗を出す時の伝達物質の分泌を抑えることで一時的に汗の量を抑えることのできるボトックス注射、毛穴に電気針を刺して汗腺を破壊する電気凝固法などが行なえます。

 

どのような方法であれ、まずは体を清潔にすることなども大切です。

 

 

ラポマインの口コミと効果へ戻る