ワキのニオイを抑えたい人が受ける負担の少ない手術

汗をかきやすい夏場だけでなく、通勤に利用する満員電車や暖房が効きすぎた部屋で過ごす冬もワキのニオイが気になるものです。

 

特に女性の場合は、人付き合いをすることにも抵抗が芽生えてしまうため、ニオイを抑えたいということでワキの手術を望む人が少なくありません。

 

しかし皮膚を切開する剪除法になると一週間から二週間程度のダウンタイムを要するので、できるだけ負担の少ないワキの手術方法を選択したいものです。

 

そこでウルセラドライという高密度焦点式超音波を用いることで、皮膚の切開を避けられます。

 

汗腺に超音波を照射することで、熱による損傷を与えます。

 

この方法であれば何度も病院へ通う必要がないので、仕事が忙しい人や夏間近で急いでいる人が受けやすい手術の一つです。また、マイクロリムーブ法は小さく切開をすることで汗腺を破壊して除去するものです。

 

 

しわに沿って切開をするので傷が塞がったあとも、それほど目立つことがないためノースリーブや水着を着用した時でも、周囲にばれてしまうことが少ないです。

 

その他にも症状がそれほど強くないのであれば、クイック法といって汗腺を吸引してしまう方法やボトックス注射を行う方法があります。

 

ボツリヌストキシンを注入することで汗腺の働きを弱めることができ、短時間で施術を終えることが可能です。

 

いずれの方法も、医師からしっかりと説明を受けた上で施術を受けることで、心配をすることなくワキのニオイを解消できます。

 

 

この記事を読んでいる方であれば、これまで沢山の市販されているデオドラント商品を使ってきたかと思います。

 

…正直、あまりわきが臭を消す効果というのは無いに等しいですよね。。良い香りで一瞬だけはごまかせますが・・。

 

もしも、わきがを治したいと思って手術を考えているのであれば、ちょっと踏みとどまって以下の方法を試してみるのも良いかもしれません。

 

 

女性のわきがを消す!わきが専用クリーム!
女性用

 

 

 

ラポマインの口コミと効果へ戻る